テーマ:ハンドメイド

プロップベイト不足消耗品の補充!

ここにきて、プロップベイトを10個ほど制作した関係で ヒートンやペラ、フックなどが足りなくなりましたので、 近所の釣具屋に仕入れにいってきました。 ヒートンは、一番細くて小さいタイプをチョイス。 で肝心なフックですが、プロップベイトはシンキングなので ロスト率が高いのです。 水深があるポイントで使用する場合は良いので…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ACCELウレタンコート購入!!

今まで使用していたウレタンが硬化してしまい 使えなくなってしまったので、ウレタンを購入。 本当は、ユニオンペイントの16-42が 使用したかったのですが、通販で頼むのも面倒だし、 どうせ買うなら4kgと思っていたので、 現状のハンドメイド状況からいったら、使わないで 捨ててしまう可能性が高いのです。 ですから、近所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロップベイト改用 ブレイド購入!!

ここのところ、急ピッチでプロップベイトを制作しており、 ブレイドなどがなかったので釣具屋で購入してきました。 通常のプロップベイトは、ペラなんですけど あたくしのは、ブレイドを装着したタイプも作っております。 今回もAR-HDミノーもどきも考えてます。 当然、Wスゥイッシャーのペラ仕様も作る予定ですが、 フロントがペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメイド用品 ブレイド調達

ここのところ、ハンドメイドミノーばかり 作っておりましたが、そろそろスモールマウスの時期でも ありますので、ブレイド装着したルアーを模索しております。 そこで、ブレイドを仕入れてきました。 アングル製品のようですが、ブレイドって意外と 高いのですが、こちらは安いですね。 これで、スピナーベイトも自作できるし、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメイド ボツルアー

先日、実家に帰ってダンボール箱を開けたら 昔、作ったハンドメイドルアーがありました。 数年前に、Jr達に相当数あげちゃったんですが、 まだ実家にも眠ってました。 そのハンドメイドルアーがこちらです。 ブラックバスのトップルアーからミノー しかし、見た感じ多いのがシーバス用ミノーですかね。 リップレスミノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コツコツとリップ作成!

ここのところ、カラーリングも終わりつつある ルアーができていることもあり、リップを 作成しております。 サーキットボードの0.8㎜です。 5~9㎝のミノーにはこの厚さを使用してます。 それより小さい場合には、0.5㎜で シーバス用には1.0㎜か1.2㎜を使用してます。 切り出して、ヤスリをかけて型を整えていくの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメイド用 リップ素材サーキットボード

ここにきて、ハンドメイドミノーをたくさん 制作していることもあり、リップの在庫が なくなりそうでしたので、仕入れてきました。 HMKLから発売されているサーキットボードです。 基盤リップとも呼ばれるようですが・・・ 透明感は、プラ製のリップに比べ劣りますが、 薄くても強いし、加工しやすい素材なので 気に入ってます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤスリを使ったウロコ模様

リアル系のルアーを製作するにあたり、 現在は、アルミテープを使用しております。 さて、属に言う魚のウロコ模様や側線を どう製作するかみなバラバラです。 ウロコ模様については、最近は単目ヤスリを使用しております。 WOODBAITなどは手作業でナイフで刻んでいく方法を使用されてます。 その他、定規をあてて先の尖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメイド用品・・・持っていると便利なカッティングカッター

リアル系のルアーを制作するにあたり、 やはり、顔が命です。 最近は、予めカッティングしたアルミを貼るようにしてます。 アルミの構成的には、エラからお尻までのウロコ模様を カッティングしてアルミを貼り、その後に顔のアルミを貼ります。 出来るだけリアルに顔が描ければよいのですが そこまでの腕はございませんので、予めカット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメイド用 リップ素材ポリカーボネイト

先日、釣具屋にハンドメイド製品を仕入れに いってみたら、ポリカーボネイトの1㎜が あったので、買ってみました。 サーキットボードが販売されるまでは、 ずーっとポリカーボネイトでリップを制作しておりました。 ただ、1.5mmか2.0mmしか売ってなく、 小さいミノーでも1.5㎜を使っていたんです。 ちょっと見ため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメ用品・・・あると便利なルレット

本日は、持っていると便利なグッズのご紹介。 ハンドメイドルアーのアルミを貼ったリアル系ルアーは 以前からお伝えしているとおり、ヤスリを使って ウロコ模様を作成しております。 その際に、持っていると更にリアルに見える魚の側線。 一定間隔で側線を描くのって難しいです。 そこで手芸用のルレットを使用しておりましたが、 間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメイドルアー用 アイ

ハンドメイドルアーを作るに欠かせないのがアイです。 リアル系のルアーは、やはり魚っぽいリアルな アイが似合います。 タックルハウスなんかは、リアルミノーでも ペイントアイで出来ており、メーカーとしての 拘りがあるのだと思います。 このアイですが、自分でも作れるんですけど、 私的には面倒なので市販品を使用してます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年Ver リップの作成

本日は、リップの作成。 昔は、ポリカーボネイトでリップを作ってましたが、 最近はサーキットボード(基盤リップ)を使用しております。 こちらのほうが、ルアーの動きに切れがでる気がします。 それにポリカーですと最低でも厚さ1.5mmは欲しいところ。 ただ、渓流用などのミノーで1.5mmって意外と厚くてきついのです。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメ用品・・・持っていると便利なブロック型ヤスリ

あると便利なハンドメイド用品をご紹介。 しかも100円均一で買えるとなおさら お得感がしません!? それが、このヤスリです。 ハンドメイドルアーを作成する場合ですが、 わたしの場合、素材はバルサ材が多く、 バルサ材は、柔らかいのでカッターなどで切れるのです。 整形には、サンドペーパーを使用するのですが、 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメ用品・・・あると便利な銀みがき

本日は、持っていると役に立つと思われる ハンドメイド用品のご紹介!! ズバリ銀みがきクロスです。 ただ、ペイントルアーを作る人には関係ないですが・・・ 指輪を持っている人は、これ使う人多いのでは? で、この銀みがきクロスをどこに使用するかは・・・ アルミを貼ったリアル系ルアーを作る場合、 どーしてもアルミに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白濁防止には アノンを使用

ハンドメイドルアーを制作されている方の コーティング剤といえば、セルロースセメント、 ウレタン、エポキシと色々ありまして、 ビルダーさんによって、拘りがあるようです。 どれも一長一短のため、偏らないのではないでしょうかね。 個人的には、この2種は上級向きと思います。 エポキシは厚塗りができますが、コスト的な面が かかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウロコ模様作成のヤスリ種類

現在、リアル系ルアーについては、以前からお伝えしてますが、 アルミテープを使用しております。 このアルミテープにウロコ模様をつけるのですが、 現在は、ギジェットより販売されている北岡ヤスリという 単目ヤスリを使用してウロコ模様を作成しております。 以前は、プラスチック用の単目ヤスリを使用していたのですが、 刃の方向が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメイドミノー アルミ貼りの素材

ハンドメイドミノーは、アルミを貼ったリアル系に仕上げます。 アルミの素材は、たばこの銀紙、アルミホイル、アルミテープ、銀箔など ビルダーさんによって、様々なアルミを使用しているようです。 個人的には、アルミホイルが光沢もあり、コスト面でも 一番良いのかなと思いますが、その薄さゆえ、曲面に貼るのは かなりの技術を要します。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハンドメイドのカラーリングはMr.カラー

ハンドメイドルアー歴だけは長いので、 カラーも当初よりクレオスのMr.カラーを 使用しております。 しかし、久しぶりに作りだしたこともあり、 その期間放置しっぱなしでした。 そこで、ふたを開けてみると・・・やはり 液状のはずが、固形となってました。 なので、全部の中身を確認し固まっている瓶には、 シンナーで希…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

FOKセルロースセメント 到着!!

今年から制作しはじめたハンドメイドミノー ブランクの整形も終わり、いよいよコーティング。 しかし、セルロースセメントが切れていたので、 注文しました。 現在は、FOK(藤倉応用化工)のセルロースセメントを 使用しております。 1kgですと1,995円なんですが、15kgだと10,290円とかなり お得なので、こちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セルロースセメントについて

わたしが、ハンドメイドルアーを製作するにあたり、 素材はほとんどバルサ材となってます。 これは、何といっても加工しやすいからなんです。 ところで、型が形成できましたら、ディッピング(いわゆる コーティングですね)していくのですが、下地の処理は セルロースセメントを使用しております。 こちらは、ディッピングすると、セル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

RMLK知恵袋!アルミの段差消しについて

本日は、七夕ですね! トップページの大吉ルアーは七夕仕様になってます。 ハンドメイドのリアルミノーを製作していて、まずよく耳にするのが アルミホイル段差の問題。 この段差消しで苦労している方おりませんか? わたしもその一人であります。 カラー塗りまでのコーティングには、メーカーは様々にせよ セルロースを使う方が多い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

RMLK知恵袋!一液ウレタン保存方法

ひさびさのRMLK知恵袋ネタですが、 今回はウレタンの保存方法についてです。 わたしは、トップコートに一液ウレタンを使用してます。 特に決めているメーカーはなく、ウレフロなどを使ってます。 最近増えたUV対策のものを使用することが多くなりました。 ハンドメイドルアーのトップコートってビルダーさん 様々だと思いますが、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

RMLK知恵袋!ウレタンコーティングについて

まいどです。 タイトルはYah○○をパクリました。 まぁ、その辺は深く考えず置いときまして本題です。 そうそう、実は~困っているんですよ。 最近、ハンドメイドルアーを製作しておりまして、 工程は今まで変わらないんですが、メーカーを 変えたせいか、イマイチなんです。 下地は、FOKセルロースで行い、アルミテープを貼っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハンドメイドルアーの製作意欲が。。。

皆さん、こんばんわ! このたび成人になられた方おめでとうございます。 成人式懐かしいですね~。数十年前のことやら また、あの頃に戻りたいと思うのはわたしだけではないはず。。。 今日は久しぶりにハンドメイドネタでいきますが、 しょっぱなからテンション下降気味です。 このブログは当初ハンドメイドルアーに特化したブログに し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年前のハンドメイドルアー

いきなりでは、ございますが、 ハンドメイドルアーを作り始めて、27年が経過しました。 しかし、未だに進歩がありません。 初めて作ったのが小学生のときでした。 それから、ブランクシーズンがありましたが、適度には 作ってました。 まぁ本格的に作りだすのは、老後になってからだと 思いますが、それまでの基盤つくりにコツコツと作ろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドメイドルアーの魅力

ハンドメイドルアーの魅力ってなんですかね? やはり作り手の魂が込められていることでしょうか。 実際に、この程度でこんなに高いんだと思うルアーも ありますし、この仕上がりでこんなに安いのと思う ルアーもあります。 そこは、アングラーの皆さんが判断されるところで ありまして、私の場合は、常に実釣重視を考えております。 せっかく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バルサ材の厚さ

最近では、ハンドメもミノーを製作することが多いです。 ミノーの場合は、バルサ材を張り合わせて作ってます。 私の場合、下地処理はセルロースで行ってます。 ディッピング回数は、8回前後くらいを目安にしてます。 だいたい、バルサの木目が消えるくらいコーティング したら、アルミ貼りに移行します。 アルミテープを用いることが多いので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペイントカラーを塗る

シーバスルアーは大きく分けると、 リアル系とペイント系に分かれると思います。 リアル系は、ベイトフィッシュに似せたカラー でホログラムやアルミ、メッキなどを基調と したナチュラルなカラーです。 それとは逆にパールを基調とするカラーが ペイントになります。 あくまでシーバス限定ですよ。 最近は、いろいろなカラーが出てま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お蔵入りハンドメイドルアー

これらのルアーは以前製作したルアー達です。 しかも全て没となったルアーです。 没といっても、動きが悪かったり、コーティング失敗 したり、破損したりと多種多様です。 もちろん、使用上問題ないのも含まれてます。 しかし、私の場合には、製作するたびに、 以前作ったルアーは使わなくなる傾向があります。 ビルダーのみなさんは違います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more