バスフィッシングのスタイル

最近、バスフィッシングがメインになりつつあります。
バスを始めたのは、今から30年以上も前です。
今みたいにどこにでもいる魚ではなかったので、
相模湖、津久井湖、奥多摩湖などに通ってました。
今でも、難しい場所と言われるところです。

ただ、リザーバーって水質がほとんどクリアで
時期にもよりますが、バスが見えるんですよね。
ただ、この見えバス釣るのが難しいと言われてましたが、
釣り方によっては、高確率で釣れることもあります。

釣れるバスか釣れないバスかを見分けるのは、
ある程度経験値が必要かと思われますが、リアクションが効く場合や
フォールが効く場合があります。
たしかに、見えるバスが釣れれば一番手っ取り早いですからね。
キャスト位置やリトリーブスピード、通すコースやアクションなど、
文章ではお伝えしにくい内容ですが、この辺は過去の経験値で
なるべく釣れる確率を高くしてます。
画像

なので、スモールマウスに対しても、サイトで釣ることも結構あったりします。
ただ、こ奴ら、なかなかスレている上、賢く泳ぎまわっていることも多いので
はっきり言って、絞りづらく釣りづらいです。
とはいえ、中には反応する個体もおりますので、そのような個体を
多く見つけることができれば、釣れる確率も高くなると思います。

それに、サイトで釣れると楽しいですよね。
喰う瞬間が見えて、確認してフッキングしてやり取りですからね、
おまけにサイズもわかりますしね。

ただ、魚に見つからないように、ルアーが届く位置まで近づき
数投で決めなければなりませんし、魚を見つけるのも意外と大変です。

ですから、バスフィッシングにおけるわたしのスタイルは、
ほとんどハンティング(狩り)に近いスタイルなのです。

なので、野池や濁っているフィールドだと、どうやって釣りしたら
釣れるのかわかりません。

やみくもにルアーをキャストして釣りすることもありますが、
やはり、ハンティングに近いスタイルのほうが
性に合っているかなと思います。
ただ、キャストしている時間より、魚をサーチしている時間のほうが
長いですよ・・・

本日もご覧くださいましてありがとうございます。
少しでもランクアップできますよう皆様
↓「ポチっ」とクリックのご協力をよろしくお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへにほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

にほんブログ村 釣具ハンドメイド

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック