このハンドメイドミノーの作者は!?

これは、今から30年くらい前のハンドメイドミノーです。
画像

作者はというと、現アングラーズリパブリックに務め
初代バルサ製「ラピッド」から、現行の「フリット」
「アレキサンドラ」まで人気ルアーを手がけている方
と言えばわかりますかね!?

そう今やトラウト界では知らないアングラーはいないと
思われるほど有名な飯田重祐氏です。

その飯田氏が、その昔作成されたミノーです。
カラーはオイカワとヤマメでしたが、長年の保管による
劣化により表面のコーティングにヒビが入ってます。
これは、たしかメゾンⅢだったかな?
とにかく、メゾンという名のハンドメイドミノーでした。

なんで購入したかというと安かったんですよね。
当時で2,000円だったと思います。
その頃って、HMKLやRIVET、MARO全盛の
リアルハンドメイドミノーブームの真っただ中でしたから
それに、ほとんどのリアルハンドメイドミノーは1個
最低3,000円はしたんですよ。
ですから、学生だったわたしには、2,000円という金額が
非常にありがたく、購入した訳でございます。

ハンドメイドミノーとしては、あまり流通しなかった
気もしますし、バスではイマイチのような感じでしたが、
飯田氏その後のご活躍は素晴らしいですね。
まさにトラウトについての第一人者だと思います。
今後も、どんなルアーを開発されるのか楽しみです。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
お帰りの際に、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいでござる。
にほんブログ村 釣りブログ 釣具ハンドメイドへにほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

にほんブログ村 釣具ハンドメイド

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

さと
2011年08月13日 00:49
お疲れ様~
スモールマウスがルアーを追うのですが、喰って来ない時はどうやって食わせてますか?
CHIMA
2011年08月13日 16:40
さとさん
こんにちは。追ってくるのであれば、タイミングかルアーを通すコースを変えるなどもひとつの手だと思います。
やはりリアクションで喰わせるのが良いかも知れません。

この記事へのトラックバック